疲れ目だと感じたらアイパックでリフレッシュを

特集!目の疲れを取る方法:冷・温パック利用のススメ

目が疲れてショボショボしてしまったときは、パックをして疲れを取りましょう。このオススメする冷・温パックは、疲れたと思ったときに自分で簡単に行える手軽な方法です。パソコンやTVの画面を見すぎてしまったり、長時間本を読んで疲れを感じたときなどは、早めに疲れを取ってあげることをオススメします。

まず、温パックですが、熱めのお湯(やけどに注意)にタオルを浸し、絞ったタオルをたたみ目を覆います。あまりの気持ち良さに、そのまま眠ってしまうかもしれません。目が疲労している状態というのは、血行不良であることが多いです。そして、充血してしまってる場合は、冷パックの方がオススメです。

冷パックですが、氷水または冷水にタオルを浸けて、適度にしぼったタオルを当てるのが、一番手軽で簡単です。すぐに使用しない場合は、冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておくのも良いかもしれません。

ショボショボしてるうえに充血してしまっている状態のときは、この冷・温パックを交互に当ててあげると大変効果があります。本来ならば、日頃から疲れを溜めないように生活することが一番大事なのですが、この現代社会においては、そうはいきません。

その他の疲れを取る有効な方法としては、目の体操、そしてマッサージなどがあります。食品の中にも、目に良いとされるものはたくさんありますので、日頃から意識して目を労わることが大切です。

頻繁に疲れを感じる方は、目薬を常備しておくのが良いかもしれません。それでもやはり自分で熱いお湯だの、冷水だの準備するのが面倒臭いという方は、市販のパックがありますのでこちらを使うのも良いでしょう。疲れを感じたときには、すぐに休息できるような環境を作っておくことをオススメします。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ