疲れ目を改善するために摂取するべき栄養素とは

特集!目の疲れを取る方法:疲れ目に効く栄養素って?

目が疲れたときには、きちんとしたバランスの良い食事を心がけて、目に良いとされる栄養素を積極的に摂りたいものです。まずはそれぞれのビタミンを摂れるようにします。

ビタミンAは角膜や網膜の働きを助けてくれ、ビタミンBは視神経の働きを活性化し、粘膜組織の生成に働きかけます。ビタミンCは水晶体の透明度を保ち、目をリフレッシュさせ、ビタミンDは血行促進に役立ちます。

また、ルテインを含むマリーゴールドには、水晶体や網膜の酸化を防ぐ効果があると言われています。ハーブティーなどが摂取しやすいでしょう。そして目に効く食品として有名なものに、ブルーベリーが挙げられます。

これは肩こりや首のこりなどにも効果的で、血行不良に効くと言われています。また、ブルーベリーにはアントシアニンという色素が含まれていますが、アントシアニンはロドプシンと呼ばれる色素体の再合成を促進する働きがあります。

このロドプシンは、光の刺激を受けて再合成を繰り返しながら働いていますが、目を酷使しすぎると上手く働いてくれなくなります。アントシアニンによってロドプシンの再合成が活性化されることにより、目の疲れが改善されると言われています。

他には、黒酢も効果的で、赤血球変形能改善に役立ち、血液がサラサラに流れるようになることで知られています。赤血球がスムーズに形を変えることが出来るようになるため、血流が良くなるのです。

そして青魚に含まれるDHAやEPAの栄養素も、血液をサラサラにする効果があり、目の毛細血管の血流を促してくれます。またニンニクも血管を広げて血行を良くしてくれるので効果的です。ビタミンB1の働きを強めてくれるので、眼精疲労に効きます。

>>視力回復手術レーシックを受ける前にクリニックの評判をチェックしよう!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ