パソコンによる疲れ目は体操で撃退しましょう

特集!目の疲れを取る方法:目の体操のススメ

パソコンの普及と共に、仕事でもパソコンは欠かせない便利なツールになりました。パソコンが導入されたことにより、飛躍的に作業の効率が上がりました。

しかし、一方で、長時間モニターを見つめることによる疲れ目、眼精疲労などの症状が現代人には増えています。放っておくと、肩こりや頭痛などの諸症状が出てきますので、休息と疲労回復のケアが必要となります。

パソコン作業は、1~2時間に1度は、5分程休憩するようにしましょう。休憩時に伸びや体操をして、身体をストレッチしましょう。併せて、疲れ目を軽減させる体操があるので実施しましょう。

瞼をぎゅっと閉じ、パッと開けることを何度か繰り返します。それから、頭を動かさないようにして、視線をゆっくり旋回させて動かします。

これによって、緊張状態にあった視神経の筋肉がほぐされます。この時に眼球の周りをマッサージすることにより、効果は一段と高まります。血行が促進され、疲れが軽減されるのです。

また、遠くの物を見つめることも効果的です。近くの物を見てから、なるべく遠くに視点を合わせます。この動作を何度か繰り返すことにより、目のピントは一点に固定されることなく、柔軟な動きを取り戻します。これはまさに目のストレッチとなります。

この他にも、日頃の食べ物から目をケアする食事を心掛けましょう。ビタミンAの多い、うなぎ、レバー、ニンジン、小松菜などは特に意識して摂取するようにします。ビタミンAは、視覚に効くビタミンとしてよく知られています。

ビタミンBもオススメです。ビタミンBは、目の粘膜を活性化させるビタミンです。牡蠣、アサリ、うなぎ、豚肉、レバー、マグロ、サンマ、イワシ、納豆などに多く含まれています。

体操と休息で、目の疲れを緩和すると共に、ビタミンを多く取ることを心掛けましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ