疲れ目の改善に役立つ成分が含まれる食品とは

特集!目の疲れを取る方法:疲れ目に良い食品って?

現代はコンピューターの普及もあり、目の疲れに悩む人はとても多いです。そこで疲れ目に有効な食品が注目されています。食品の摂取なら気軽にできて安心です。

その中でも有名なのがブルーベリーです。アントシアニンが豊富に含まれていて効果的です。アントシアニンはロドプシンの再合成を促します。

目が疲れる原因はロドプシンの合成がうまくされていないためです。そのためロドプシンの合成の手伝いをするアントシアニンは有効です。ブルーベリーは果物なのでそのまま食べても良いですし、ジャムやお菓子を作ったりいろいろなレシピに応用できます。

青魚も有効です。DHAが豊富に含まれていて、視力回復の手伝いをしてくれます。またエイコサペンタエン酸と言われるEPAも含まれており、こちらも目の血流を良くする作用があり効果的です。刺し身や焼き魚、缶詰などから気軽に摂取することができます。

他にも黒酢などがあります。黒酢は血液の流れを良くする作用があります。目の血管にも働きかけて血行を良くして疲れを和らげる効果があります。少々癖があり、苦手な人もいますが料理をする際にお酢を黒酢に変えることも有効です。

そしてニンニクも効果的です。健康に良いことで知られていますが、ニンニクを摂取することでビタミンB1を強化して疲れ目に効果的です。ニンニクは血管を拡大させる作用もあり、血液の流れを良くします。いろいろな料理に使用できますし、匂いが苦手な人には加工されたものなどが販売されています。

このように健康にも良く手軽に購入できる食品ばかりなので、簡単に実践することができます。食事からの摂取が難しい場合はサプリメントを使用することも効果的です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ