疲れ目の改善に目薬を使って得られる症状緩和とは

特集!目の疲れを取る方法:症状に合った目薬を選ぼう!

目の疲れの原因は、一点を集中して見ることによって、筋肉が硬直してすることです。

また、外部要因からも疲れは発生します。特に目を酷使したり、強い光を浴び続けると、ダメージを受けてしまいます。

パソコン作業や検査作業などでは、定期的に休憩を挟みましょう。そして、瞼を閉じて眼球をマッサージすることが効果的です。血行を良くすることにより、回復効果が高まります。同様に、肩から首、頭皮のマッサージをすることにより、血行が促進され、目の疲れも緩和されます。

休憩時には、近くの物からゆっくり遠くのものに焦点を移動させることも有効です。目の前に人差し指をかざし、それを徐々に離してゆきます。その延長線上に目標物を定め、なるべく遠くに焦点を合わせます。数回繰り返せば目もリフレッシュし、症状も緩和します。

また、目薬も有効です。ビタミンの配合された、抗炎症成分配合の物を選ぶと良いでしょう。パソコンモニターを見る時は、意識的に瞬きをして、眼球の乾燥を防ぐことも需要です。乾きを感じる前に瞬きと、目薬をしましょう。部屋の乾燥が気になる場合は、空気清浄器と加湿器のセットがオススメです。

眼精疲労には、長時間の休息が一番の症状緩和になります。休日や休業日は、目を休ませる意味でも、パソコンなどの作業は控えて、なるべく遠くを見るようにしましょう。身体を動かすことも大切です。適度の日光を浴び、ウォーキングなどを嗜むことで、体力と健康を維持できます。また、血行の促進にも繋がりますので、定期的な運動習慣を持ちたいものです。

ビタミンやミネラルの豊富な食事も、視神経には有効です。抗酸化作用の強いビタミンE。粘膜の回復に必要なビタミンB。目のビタミンと言われるビタミンA。野菜や果物をたくさん摂り、健康で健やかな毎日を過ごしましょう。

>>視力回復にはレーシックがオススメ!名古屋でレーシックを受けるならこちらのクリニックをチェック!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ