疲れ目になりにくい環境作りのためにできることとは

特集!目の疲れを取る方法:目が疲れない環境を作るのが何より大切!

目を酷使しすぎると、どうしても目が疲れてきてしまうものです。

近年ではネットの普及でパソコン画面を見つめることが多くなっていますし、昔からあるテレビでも、ずっと見続けているとどんどん目の疲れが溜まってきてしまいます。

この状態をそのままにしておくと、疲労度が増したり慣れてしまったりすることも考えられますので、そういうことにならないよう疲れを取るための対策を考えてあげなければなりません。

中でも特に効果があるのが、疲れないための環境を作ってあげるということです。

例えば、パソコンの画面はいつも明るいですが、その明るさよりも暗い部屋にいると目に負担となり疲れが蓄積してきてしまいますから、部屋も同じように明るくするよう心がけます。

そのほか、作業をするときの姿勢を常に正しく保ち、あまり画面に近づきすぎないようにすることも大切です。

調べものなどをしていて夢中になっていると、つい画面に表示される内容に引き込まれ、どんどん前屈みになってしまいますから注意したいです。

そして残りの原因として、目が乾燥することが挙げられます。

パソコンの画面を見ていると、無意識にまばたきの回数が減ってくるため、それが乾きに繋がってしまいます。エアコンが効いているオフィスにいると、さらに乾燥を進めてしまいますので、その対策法として、湿度を作るため水を入れたコップを近くに用意しておくのも効果的です。

普通は、適度にまばたきを繰り返すことで潤いを保てるようになっていますから、乾燥や疲れなどを少しでも感じたときには、時間を作り、目を閉じて休ませてあげるだけでも簡単な疲労回復になります。

これら以外にも、質の良い睡眠やバランスの良い食生活などを意識して、普段から目を疲れさせない環境を整えていくことが大切だと言えます。

>>目の疲れをその場で解消する簡単な方法

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ