咽頭結膜炎という目の病気と治療法について

咽頭結膜炎について

咽頭結膜炎は、咽頭結膜熱やプール熱とも呼ばれる夏風邪の1種ですが、アデノウイルス感染により38~39度の発熱が起こる病気です。結膜炎を伴う場合は目が真っ赤に充血し、咽頭炎を伴う場合はのどの腫れと痛みが特徴です。

アデノウイルスは感染力が強く、感染した人の咳やくしゃみの飛沫や、使用したタオルへの接触により目や口からウイルスが侵入して感染します。

約1週間の潜伏期間を経て発熱が起こり、通常2週間程度で治ります。アデノウイルスには特効薬がないため、安静と十分な睡眠を確保しながら自然治癒を待つことになりますが、高熱の場合は解熱剤、のどの痛みがひどい場合は鎮痛剤、さらに結膜炎がひどい場合には抗生剤やステロイド剤の点眼など、対症療法が必要に応じて行われます。

咽頭結膜炎を引き起こすアデノウイルスは3型が多く、他に2、4、7、11型などでも起こります。特に7型は呼吸器疾患(肺炎)を引き起こし、他の型よりも重症化しやすいことが知られていますので免疫機能が低下している人や乳幼児、老人の方は注意が必要です。

咽頭結膜炎の治療法について

咽頭結膜炎はアデノウイルス感染により、高熱とともに目の充血やのどの痛みを伴う病気です。

夏にプールの水を介して感染が広がることからプール熱とも呼ばれる病気で、夏風邪の一種ですが、アデノウイルスは細菌ではなくウイルスであることから抗生剤は効きませんので、患者さんの免疫力による自然治癒を待つしかありません。

したがって治療法としては解熱剤や鎮痛剤などによる対症療法が中心になりますが、免疫力が落ちないように安静にして、脱水を防ぐための水分補給が必要です。

通常は2週間ほどで治りますが、治ってからもしばらくはウイルスが身体に残っていることがあるため、1ヶ月ほどは感染が広がらないようプールに入らないようにしましょう。

また、プールに入った際は予防の観点から洗顔やうがいをすることも大事です。

>>名古屋でレーシック手術を受けるなら!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ