網膜裂孔という目の病気とその治療法について

網膜裂孔について

網膜裂孔網膜裂孔は、網膜が破れて穴が生じることを言います。

この穴から液体状態の硝子体が入るようになると硝子体と網膜の層はますます広がることになり、これが分離されると、網膜剥離が起きるようになります。

すなわち、網膜剥離の原因となる要因の一つが、網膜裂孔です。

主な症状は、飛蚊症です。目にハエのような小さな点が浮かんでいるのが感じられる場合、網膜裂孔を疑って見ることができます。人によっては小さな点や、長いカーテン状のラインのように見える場合もあり、急に目がまぶしく感じる場合もあります。

主に高度近視の人の場合、目の大きさが通常の健常者よりも大きいため、網膜周辺部が弱く、裂孔が発生する可能性が高くなります。

別の場合には、目に外部からの衝撃を受けたりした場合、裂孔が発生する可能性が高くなります。すでに網膜裂孔が起こった網膜をまた元の状態に戻す方法はありません。

ただ穴が開いた部分の周りをアルゴンレーザーで治療してさらに網膜が無くならないようにします。

網膜裂孔の治療法について

網膜裂孔は網膜というフィルムに裂け目や穴が開いてしまった状態のことで、その裂け目や穴に硝子体の水が入り込み、網膜が剥がれる可能性があります。

網膜裂孔の危険性は個々の症状によって異なりますが、危険性が比較的低いとしても裂け目や穴があれば網膜剥離を起こす可能性があるので、早めの治療が必要です。

治療法は、裂け目や穴の周囲の網膜をレーザーで焼き固めることで、水が入り網膜剥離に進行することを防ぎます。治療は数分で終わり、麻酔をするため痛みもありません。強い近視があると眼球の形が歪んでしまっているため、網膜が引っ張られ網膜裂孔になりやすいと言われています。

視界に虫や糸くずのようなものが見え、瞬きをしても消えない、視線を動かしても付いてくるなどの症状があった場合、早めに診察を受けることが大切です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ