網膜色素変性症という目の病気と治療法について

網膜色素変性症について

網膜色素変性症とは網膜に異常が起こる事で視力低下等が起こる病気です。主な症状は暗いところで物が見えにくくなる夜盲、徐々に視野が狭くなって視野狭窄になる、明るいところで余計にまぶしさを感じる、視力の低下等があります。

個人差がありますが失明するケースもあります。

原因は遺伝的な視細胞の変化で、3000~8000人に1人の割合で発病します。優性遺伝、劣性遺伝、伴性遺伝などのパターンがあるため、親が網膜色素変性症だから子供もなるというわけではありません。しかし、近親者間で結婚した場合その子供は発病の確率が高くなります。

現在治療法は見つかっておらず、病気の進行を遅らせる事で視力低下を抑える方法がとられます。対症療法として暗順応改善薬や、ビタミン剤、網膜循環改善薬などが処方されますが、これらの薬の効果はまだ完全にはわかっていません。

また、日常での生活では強い光を避けるために出来るだけ屋内で生活をするようにします。発病したからといっても必ず光を失うわけではないので、過剰な心配をせずに適切な対処をするよう心がける事が大切です。

網膜色素変性症の治療法について

網膜色素変性症は、網膜の視細胞が年齢よりも早く老化して機能しなくなる病気で、中途失明の原因の第3位です。夜や薄暗い屋内などで見えにくくなる「夜盲症」と視野が狭くなる「視野狭窄」が、少しずつ進行していきます。病気の進行は、非常にゆっくりなのが特徴です。

原因となる遺伝子が幾つか知られており、ほとんどが遺伝により発病しますが、孤発の場合もあります。

根本的な治療法はまだ見つかっておらず、病気の進行を遅らせるための方策を取ります。

強い光を避けることで、病気の進行を遅らせることが期待できますので、屋外ではサングラスをかけるようにします。また、網膜色素変性症にり患した場合、白内障や緑内障を併発しやすくなりますが、これらの病気の治療法は確立されており、視力低下・視野狭窄に影響しているなら、治療によっての改善が期待できます。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ