網膜動脈閉塞症という目の病気と治療法について

網膜動脈閉塞症について

網膜動脈閉塞症とは、網膜へ酸素や栄養を運んでいる動脈が詰まり血流が途絶えてしまうことで、網膜が機能しなくなり急激に視力が低下したり、突然目が見えなくなったりする病気です。

血流が途絶える病気として心筋梗塞や脳梗塞がありますが、それと同じことが網膜で起こっている状態と言えます。

網膜動脈閉塞症の原因は、動脈硬化や心臓弁膜症、心内膜炎など、循環器系の異常で、これらの病巣で出来た血栓が血管の中を流れ網膜動脈に引っかかることで血流障害を引き起こします。

網膜は血流が途絶えてしまうと数時間でその働きを失ってしまうため、発症から1時間以内に治療を受けないと失明の恐れもある眼科における救急疾患の一つとなっています。

網膜動脈閉塞症の治療は、血流を再開させることを第一に考えて行われます。瞼の上から行う眼球マッサージや、眼圧を下げるために房水を抜く処置、また血管拡張薬の点滴や血栓を溶かす血栓溶解剤を使うこともあります。

この疾患の予後は、発症時の血管の閉塞の程度や発症から治療開始までに要した時間が大きく影響します。

網膜動脈閉塞症の治療法について

網膜動脈閉塞症の治療法についてご説明します。網膜動脈閉塞症は、網膜の血管が詰まり細胞への血流が途絶えてしまう疾患です。眼の病気の中では重く、緊急性の高い病気と言えます。

この病気は眼底検査で診断されます。年配の方だけでなく、若い方もかかることがあるので注意が必要です。

診断を受けた場合には、すぐに治療を受けます。治療としては、血管を広げる薬剤や血栓を溶かす薬剤の服用、副腎皮質ステロイドの内服、点滴が一般的です。眼圧を下げるための眼球マッサージ、房水を輩出して眼圧を下げる前房穿刺もあります。

また、炭酸脱水酵素阻害薬を静脈注射した後、線溶療法を行います。視機能が回復するかどうかは血管が詰まっていた時間によりますので、病気が分かったら速やかに治療を受けた方が良いでしょう。

>>眼下専門医のいるクリニックでレーシックを受ける

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ