虹彩毛様体炎という目の病気と治療法について

虹彩毛様体炎について

虹彩毛様体炎とは、瞳の茶色い部分にある虹彩とそこに続く毛様体がなんらかの原因で炎症を起こす病気のことを言います。虹彩毛様体炎になると、目の痛み、かすみ充血のほかに光を眩しく感じたりします。放置しておくと、白内障や網膜剥離、硝子体混濁などの症状が現れるので危険です。

虹彩毛様体炎が起こる原因の多くは不明ですが、結核などの細菌やヘルペスウイルスなどのウイルスによる感染症、サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病など身体の免疫力が落ちる病気にかかっていることや、リウマチやクローン病など炎症性のある病気にかかっていることが発症の原因となることがあります。

そのため、診断には目の表面の検査以外にも血液検査や尿検査などあらゆる検査をして他の疾患やなんらかの感染の有無を調べて発症した原因を探っていきます。

虹彩毛様体炎の治療は基本的にステロイド系の目薬や飲み薬、点滴によって炎症を抑えることと瞳孔を広げる目薬を使って虹彩と水晶体が癒着しないように瞳孔を広げることです。

また検査によって別の疾患や感染などが原因だと判明した場合は、その治療も行うことになります。

虹彩毛様体炎の治療法について

虹彩毛様体炎の治療法としては、まず目を安静にするといううことが挙げられます。紫外線などから目を守るためにもサングラスを使用したり、部屋を暗くしたりすることによって症状が少しずつ改善されていきます。痛みなどがある場合には、目を冷やすというのも大切なことです。

また、お酒やタバコなどの刺激物を避けることも重要です。症状がひどくなってきたら、病院などで処方される薬を用いる必要が出てきます。抗生物質の投与や目の注射など症状の度合いなどによって様々な治療が必要になってきます。

これでもダメなら角膜に細いメスを指して濁った部分を取り除く手術を行ったり、副腎皮質ホルモン剤の投与などによって治療をしていくことがススメられます。

>>視力回復のためレーシックをするならここがオススメ!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ