麦粒腫という目の病気とその治療法について

麦粒腫について

皮膚に毛穴があるようにまぶたにも毛穴のようないくつかの分泌腺が存在します。清潔に管理していない場合、皮膚にニキビが生じるように目にも麦粒腫ができます。麦粒腫は、細菌感染による疾患で分泌腺に発生する炎症性疾患です。

一般的にひどくない場合には、特別な治療をせずに治すことができます。時期によって治療法が異なるため、まず自分の麦粒腫が進行した状態を見て、適切な治療法を受けることで傷跡もなく、安全に治すことができます。

最初の段階では、目がかゆく腫れたような感じがあり、抗生物質目薬を点眼したり、抗生物質を内服することで、簡単に治療できます。初期は、手でこすって刺激を与えず、冷たい湿布を介してかゆみを解消することで、早く治すことができます。

麦粒腫が生じた部位が手で意識できるように触れられ、痛みがあるようになると、これ以上の抗生物質の内服はしないようにし、目に温湿布をして炎症がはやく進行するように誘導する必要があります。

また、目に膿ができたり、よく裂けない場合には、眼科に行って皮膚を切り開き、膿を根こそぎ取り除くと、傷跡が生じないと言います。

麦粒腫の治療法について

麦粒腫は、まぶたにある皮脂腺やまつげの根元の脂腺に細菌が感染して起きる急性化膿性炎症です。地域によって、「ものもらい」、「めばちこ」、「めいぼ」などと呼ばれています。

まぶたの一部が赤く腫れて、痛みや痒み、目がゴロゴロするなどの症状があります。炎症が進むと、赤味や腫れも増し、まぶた全体に広がり、白目が赤くなることもあります。

麦粒腫の原因菌は、主に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌です。放置しておいても、自然に膿が出て治ることが多いのですが、治療法としては抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏を用います。

症状が重い場合には、抗菌内服薬を用いることもあります。化膿が進んでいる場合は、切開して膿を出す外科的処置を行います。

>>名古屋でオススメのレーシッククリニックはこちら!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ