高血圧網膜症という目の病気と治療法について

高血圧網膜症について

高血圧や動脈硬化は、色々な病気の引き金になりますが、網膜の血管にも悪影響を及ぼします。

高血圧網膜症は高血圧や動脈硬化の影響で網膜内に張り巡らされている細い血管に障害が生じ、網膜出血や網膜浮腫を起こす病で、視力障害をきたすこともあります。

視力障害が起きると回復はかなり困難ですし、網膜血管の変化のレベルと脳梗塞や心筋梗塞の発症率には、高い相関関係がありますので早急の治療が必要です。

眼底検査は網膜血管を直接観察することができるので、その変化から網膜症の診断や、全身、特に脳血管の状態を把握するのにも非常に有用な検査です。

眼底検査で網膜出血、網膜白斑、乳頭浮腫などが見られる場合が高血圧網膜症です。治療方法は、高血圧や動脈硬化が原因ですので、同時に腎臓や脳、心臓の血管障害も発症する可能性があるため、高血圧や動脈硬化の治療を速やかに行う必要があります。

食生活の改善、降圧剤、血管拡張作用のある薬が処方されます。治療により、高血圧や動脈硬化が軽快すると網膜症も軽減し、視力は回復しますが、硝子体出血や網膜剥離まで進行してしまった場合には、外科・眼科的治療が必要になります。

高血圧網膜症の治療法について

高血圧網膜症は、高血圧による眼底出血で、網膜に異常が起こる病気です。

通常は自覚症状がなく、急激に血圧が上がって網膜に出血などが起こった場合に視力低下がありますが、症状が現れる方がまれです。眼底検査や眼底写真で、網膜動脈が細くなっていないか、眼底の出血・白斑、網膜のむくみなどにより、診断されます。

治療法は、眼科的な治療は行わず、血圧コントロールなどの内科的治療を優先します。一時的に視力低下があった場合でも、正常な血圧に戻ることで治ります。

より重篤な病気の原因になることがありますので、予防のためにも全身的な治療を行います。高血圧の治療が遅れて、網膜自体に障害が起きている場合には、光凝固術という治療が行われることがあります。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ