目の内幕の仕組みを理解し緑内障を防止するには

目の豆知識!モノが見える仕組みについて:中膜・内膜編

目でモノが見える仕組みは、カメラに似ています。目の構造上、外膜と言われる部分はいわば目の防護壁の役割を果たし、強膜と角膜がこれにあたります。中膜と呼ばれる組織は、脈絡膜、毛様体、虹彩です。

虹彩は毛様体の手前にあります。ドーナツのような形をしていて、その中心には瞳孔があります。虹彩はカメラの絞りのように、明るさに応じて、瞳孔の大きさを調節しているのです。

毛様体は脈絡膜と虹彩に繋がっています。また、レンズの役割を果たす水晶体を細い糸で取り巻いており、レンズを絞ったり広げたり、厚みを調節してピントを合わせる役目を果たしています。

脈絡膜は外膜のうち強膜の内側にある組織で、そのまた内側には内膜に属する網膜があります。

瞳孔を入り、水晶体で曲がった光は網膜で像を結びます。内膜である網膜には視細胞が密集しており、ここでキャッチされた情報が視神経を通って脳へ伝達されます。こうして脳の視覚野という部分で映像が感知されるのです。

主な目病について:緑内障

緑内障は、視神経に障害が起こって視野が狭くなる目の病気です。

病名の由来は、眼球の前方にある房水が過剰になった時に、角膜が浮腫んで瞳が青味がかって見えることがあるからです。実際には、瞳の色の変化や充血・痛みなどの自覚症状は無いまま進行し、視力低下が現れるのは最終段階です。

唯一の自覚症状は、視野が狭くなっていくことですが、視野の一部が欠けていても、普段は両眼で見るため気がつきにくくなります。緑内障は、眼圧が高過ぎて視神経を傷めるのが原因ですが、正常レベルの眼圧でも、視神経が構造的に弱ければ緑内障になります。

治療はまず、眼圧を下げる効果のある目薬を点眼し、それでも視野の欠損が進行する場合にはレーザー治療や手術が行われます。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ