糖尿病黄斑症という目の病気と治療法について

糖尿病黄斑症について

糖尿病黄斑症黄斑は網膜の中で最も感度の高い中心窩を取り囲むように位置する黄褐色の部分で視力にとって重要な場所になります。

黄斑が傷つく事で視力が低下する病気を黄斑症と言います。原因は加齢や近視、遺伝の要素などがありますが糖尿病が原因でなる場合もあります。それを糖尿病黄斑症と言います。

糖尿病黄斑症の原因は3つに分けられます。

糖尿病により血糖値が高くなる事で網膜内の血管に障害が起き、血液中の成分が漏れ出したり瘤のように腫れたりします。これにより視力が低下したり歪んで見えたりという症状が起きます。

網膜色素上皮は網膜と脈絡膜の境となる層で、酸素やタンパク質等の成分を必要な量だけ行き来させる働きをしますが、糖尿病によりこの機能が低下する事で黄班に浮腫が起きます。

眼球の大部分を占めるゼリー状の組織である硝子体を覆う硝子体膜が高血糖によるタンパクの糖化等によって収縮し、黄班付近の網膜が引っ張られ黄斑に浮腫が発生します。

それぞれの原因からくる症状によって治療法は違いますが、主にレーザー治療や、チリアムシノロン注射の他、手術等があります。いずれもまずは糖尿病の治療が必要です。

糖尿病黄斑症の治療法について

糖尿病黄斑症とは、網膜の中心に有る物を見る為に重要な黄斑という部分が、近くに毛細血管瘤が多発したり血液成分が染み出たりする事によって、黄斑にむくみが出来た状態の事を言います。

この影響により、視力低下や物が歪んで見える様になります。

大きく2つの病状が有りますが、局所性浮腫というのは黄斑の1部に浮腫が出来た状態です。

これの治療法としては、細隙灯顕微鏡の検査や蛍光眼底検査によって、血液が漏れ出している部分を確認し、そこに瞳孔からレーザー光を当てて、網膜を凝固する「レーザー光凝固術」という治療法を用います。

そしてもう1つはびまん性浮腫と言い、黄斑を含む網膜全体に浮腫が広がっている状態を言います。治療法はステロイド薬の注射か、硝子体の切除手術になります。

1番良いのは血糖値をコントロールし、糖尿病黄斑症を予防する事です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ