角膜ヘルペスという目の病気と治療法について

角膜ヘルペスについて

角膜ヘルペス角膜ヘルペスとは、目の角膜表面に潰瘍ができる疾患です。再発を繰り返しながら、炎症が進んでいきます。

角膜は乾燥しやすく、ほこりが付きやすいのですが、涙の出る量が少なくなると角膜の表面に傷が付き、傷口から細菌感染を起こしやすくなります。

原因は、単純ヘルペスウイルスの感染であり、これは単純疱疹や、口唇ヘルペスの原因ともなるウイルスです。この単純ヘルペスは潜伏していることがほとんどで、30代から40代で発症しやすいと言われています。

角膜ヘルペスは、体調が悪いときや、抵抗力が弱くなっている時に発症する事が多い疾患です。体内にヘルペス菌を持っている場合、抵抗力が弱くなるたびに発症しやすいので注意が必要です。

角膜ヘルペスには上皮型と実質型があります。どちらも同じヘルペスウィルスが原因で、上皮型の方が症状が軽い事が多いです。涙が常に出て、まぶしさ、異物感があります。

一方、実質型の角膜ヘルペスの場合には、視界がぼやけ、視力もかなり低下することがあります。単純ヘルペスが深部に侵入した場合は、ぶどう膜炎を併発することもあり、症状はより深刻になり、角膜に穴が空くこともあります。

角膜ヘルペスの治療法について

角膜ヘルペスは、ウイルスが角膜表面の上皮で増える上皮型と、角膜の実質でウイルスに対する身体の免疫反応が生じることによって角膜の混濁を生じる実質型に分けられます。

上皮型は、涙が止らなくなり、まぶしくて異物感があります。結膜も充血してきて痛みがあります。実質型では、充血がひどく、視界がぼやけてしまい、視力がかなり低下してしまいます。角膜ヘルペスは放っておくと、失明する恐れもある病気で、すぐに眼科で治療をする必要があります。

治療法には、主に抗ウイルス剤を用います。アシクロビルやバラシクロビル、IDUなどが特効薬となります。実質型の場合は、身体の免疫反応を抑えないと混濁が改善されないため、副腎皮質ステロイド系の点眼薬も使用します。角膜全体が混濁してしまった時には、視力障害がひどいため、角膜移植を行うことになります。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ