中心性漿液性網脈絡膜症という目の病気と治療法

中心性漿液性網脈絡膜症について

我々の目は通常、瞳孔から入ってきた光を網膜で感じることで視覚情報を得ています。その網膜において、視力に最も関係のある器官が黄斑です。

中心性漿液性網脈絡膜症は、その黄斑に部分的に水膨れが発生して、網膜剥離が生じている状態です。症状としては、視力に直結する器官であるために症状は顕著に出やすいです。

まずは視力の低下です。しかし、健全な視力の持ち主であれば、0.5位までしか下がる事はありません。

また、光を正しく感知できなくなるため、ものがゆがんで見えたり、中央部の物が周囲の物と比べて暗く見えたりする事があります。さらには、色の認識が狂ってくる事があるため、物の色が正しく認識できない事があります。

この中心性漿液性網脈絡膜症は実は、働く男性が発症しやすいのです。特に、20~50歳の男性の発症割合は、同年代の女性の3倍以上にもなり、その原因として、ストレスや過労などが考えられます。

3~6ヶ月程で自然治癒する場合も少なくはないですが、早急な専門治療を受ける事が良いでしょう。特に、手術が必要な場合は、視力を完全回復させる為にも、早めの手術をオススメします。

中心性漿液性網脈絡膜症の治療法について

中心性漿液性網脈絡膜症は、網膜の下に水が溜まって黄斑部に水ぶくれが生じ、中心視力を阻害する疾患です。患者は黒く見える暗点があると訴え、ぼやけて見えるとも言います。物体が小さく見えて二重に重なって見えたり、時には層が重なって見えるとも言います。

このような患者のほとんどが、6ヶ月以内に回復しますが、約半分の患者で再発する場合があります。

中心性漿液性網脈絡膜症の治療法は、1週間以内に実施された蛍光眼底撮影検査で黄斑部の中心から一定の距離以上に離れたところに漏出点があると確認されれば、アルゴンレーザーで漏出点を光凝固させて塞ぐ治療で早期に回復させることができます。

しかし、漏出点が黄斑部と近すぎるか、多くの箇所や明らかな漏出点が見つからない場合には、アルゴンレーザーで治療をすることができず、代わりに薬物治療法を行うこともあります。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ