眼瞼下垂という目の病気とその治療法について

眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは瞼が瞳孔の上まで上げられない状態のことを指します。片側だけに起きる場合も両側に起きる場合もあります。

眼瞼下垂には、先天性のものと後天性のものがあり、先天性の場合は瞼を上げ下げする筋肉の発達や筋肉を動かす神経の発達異常が主な発症原因だと考えられています。この場合、視機能に障害が生じる可能性は低いのですが、まれに弱視や斜視を招くこともあるので定期的な診察が必要となります。

次に後天性眼瞼下垂の場合ですが、瞼を上げ下げする筋肉の末端部にある腱膜が加齢によって伸びたりゆるむことで発症することが多く、そのほかハードコンタクトレンズの長期装用などでも症状が出ることがあります。

また脳の疾患や神経の疾患によって起きる麻痺性のものもあります。眼瞼下垂の治療は、先天性・後天性どちらにしても瞼を上げる手術が主に行われます。また原因となる病気がある場合は、原因を取り除くことで回復することが多いので、病気の治療が優先されます。

眼瞼下垂の治療法について

眼瞼下垂とは、瞼の神経もしくは筋肉が弱化、または眼意外の病気(糖尿病、膠原病等)が原因となって上瞼が開かなくなる病気です。ひどくなると眼が開かなくなる事も有ります。

主な治療法は上瞼を上げる手術ですが、それが可能なのは、他の病気が無く眼だけの症状の人だけです。手術は日帰りで出来るので、身体にも負担がかかりません。しかし眼以外の病気がある患者は、すぐに手術という訳にはいきません。

例えば糖尿病ならば、血糖値が良くなると自然と治る事もあるからです。なので、しばらくは経過観察で様子を見ます。どうにもならないという状況にならないと、手術の執行はなかなか難しいです。

下手に手術を行うと、身体の症状が良くなってくると逆に眼が開き過ぎてしまいます。それはそれで問題です。まずは、眼科に行って様子を見るのが1番でしょう。

>>視力回復手術レーシックの症例数No.1の品川近視クリニックについて

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ