目に悪影響を及ぼす紫外線をサングラスでカット

目も日焼けをする!サングラスで紫外線の影響を最小限に

太陽光に含まれる紫外線は、白内障や角膜炎などの目の疾患を引き起こしたり、目の疲れや老化の原因にもなってしまいます。角膜や水晶体などは元々紫外線を吸収して、目を守る働きをもっていますが、多量に浴び続けることで、色々な疾患が現れてきてしまいます。

特に目は人間の身体のなかで唯一外部に露出している器官なので、普段から十分な対策が必要となってくるのです。紫外線の量が最も多い時間は昼の12時前後です。ただ、この時間帯は太陽の位置が高いので、目に入ってくることはほとんどありません。

逆に朝や夕方などの太陽の位置が低い時間帯は直接目に入ってきやすいので、朝のジョギング、通勤、通学時間は要注意です。そのため、今まで日本ではファッション性の高いアイテムとしての認識でしかなかったサングラスですが、目を守るアイテムとして、今サングラスに注目が集まっています。

では、どのようなサングラスを選ぶと良いのでしょうか?色のついたレンズを使っていれば、紫外線対策のサングラスだと勘違いする人も多いですが、色の濃いレンズは必ずしもUVカット機能がついているわけではないのです。

逆にUVカット機能の付いていない色の濃いサングラスをすると、目は周りが暗くなったと認識し瞳孔が大きく開いてしまうので、かえって紫外線を吸収してしまうことになります。そのため、サングラスを購入する際はUVカット加工がされているかどうかを必ず確認することをオススメします。

色付きのレンズにすることに抵抗がある人は屋内では無色、屋外では色付きのレンズになる調光レンズを選ぶと良いでしょう。紫外線によってレンズの色の濃さが自動的に変化します。

また、無色のレンズでもUVカット加工がされているものもありますので、子供が学校に行くときなどに使用することができます。自分に合ったものを店頭で試しながら選ぶと良いでしょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ