辛い疲れ目を早めにケアして目の健康を保つ方法

間違った目のケアをしていませんか?早めのケアで疲れ目回復

近年ではスマートフォンや携帯電話、パソコンなどで、インターネットをしている事が多くなったため、疲れ目の方がとても増えています。

仕事でもパソコンを見る事が多くなり、スマートフォンなどでも毎日のように画面を見る事によって、目が充血してしまい目の奥が痛くなってしまうことがあります。これは視力低下などにも繋がります。

疲れ目のケアを行う事で、目の疲れが緩和されリフレッシュできます。簡単に出来る疲れ目解消法としては、目を温めることがあります。温めることで目の血行が良くなり、簡単に疲れた目をリフレッシュする事ができます。

目薬なども今では色々と効果のある成分が含まれており、疲れ目の緩和に効果的です。

目が疲れる事で肩こりや頭痛などの症状も出てしまう場合があり、症状が出てしまう前に疲れ目のケアをする事で身体の症状を緩和する事もできます。疲れ目にはホットタオルによって目を温めることが効果的です。濡らしたタオルを電子レンジで温めればすぐにほっとタオルが出来上がります

お湯がある場合は、お湯を使ってタオルなどを濡らしておくのも良い方法です。その他では、なるべく目を使い過ぎない様にするのもポイントです。パソコンの画面などを見る場合は、目と画面の距離をしっかりと保つ、暗闇の中で仕事をするのではなく灯りをきちんと点けるなど、目をいたわる事も必要です。

目を休ませる方法として、アイマスクなどを使用するのも効果的です。最近では、疲れ目などに効果のあるサプリメントも販売されているので、目が悪くなる前のケアとして摂取することで、視力低下を防ぐことに効果が期待できます。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ