効果的な疲れ目の予防策で目の疲れを解消しよう

疲れ目を解消!眼精疲労を予防する

現在は、パソコンや携帯などの使用時間が長くなり疲れ目になる人が多くなっています。疲れ目を予防するには、パソコンや携帯の使用時間を減らすことも大切ですが、日頃から充分な睡眠(最低でも6~7時間)を取ることが重要です。目を閉じることで眼球が瞼の上のほうに向いて、筋肉がリラックスできるのです。

また、眼球や眼球周囲を温めることも効果的です。温めると血液の流れが良くなり筋肉の疲労物質を取り除いてくれて、筋肉を柔らかくしてくれます。低温火傷にならないように熱すぎない程度の蒸しタオルなどで温めると良いでしょう。

ただ、充血が酷い場合や炎症を起こしているときは症状が悪化することもあるので注意が必要です。また、冷やしてしまうと血流が悪化して疲労物質が停滞して固まり、逆効果になります。

疲れ目の大きな原因にもなるパソコンですが、仕事や趣味などで使用するときにも長時間、画面を見続けないように心がけることで予防が出来ます。パソコンの横6~7cmくらいのところに目を休めるために見る何かを置いておき、1時間に1分ぐらいはその置いたものを見ると良いでしょう。

また、遠くの景色や近くのものを交互に見たりするのも効果的で、とにかく一点を長時間見ないで、定期的に目を動かしてピント合わせの距離を変えていくことで疲れ目を予防しましょう。

他にも、まばたきの数を増やして涙の分泌を促すことも大切です。涙が少なくなってくると角膜を傷つけてしまいドライアイや他の目の病気にもなります。

特にコンタクトをしていると涙が出にくいので、注意が必要です。また、光に弱い人や人よりもまぶしく感じる人は、疲れ目が進んでいることがあるので、医療用フィルターレンズと呼ばれる、まぶしさの原因となる光を遮断してくれるメガネをかけるのも効果的です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ