慢性的な目の辛さは疲れ目ではなく眼精疲労かも

疲れ目の特徴:あなたは疲れ目?それとも眼精疲労?

慢性的な目の辛さ近年ではパソコンやスマートフォンなどが普及してきたこともあり、目の疲れを感じる人が増えてきています。

そのため、慢性的な目の疲れを単なる疲れ目だと感じる人も少なくありませんが、実際には眼精疲労になっているというケースもよく見られます。

この2つは似たような症状として扱われることも少なくありませんが、実際にはきちんとした定義の違いがあります。

そのため、目の異常を感じたときには自分がどちらの症状に該当しているのかをきちんと検討して、症状が重い場合には眼科などで適切なケアを行うようにしましょう。

放置しておくと症状が重症化したり、継続的な不快感に襲われて日常生活に支障をきたす恐れもあります。

疲れ目というのは、あくまでも一時的な目の疲れを指しています。症状としてはそれほど大きな違いはありませんが、疲れを感受したときに目を休めたり適切なケアをすることで、すぐに元通りに症状が改善する場合には、疲れ目と考えて差し支えありません。

しかし、この状態で目を休めたりケアを行わずに放置してしまうと、症状が進行してしまいます。症状が進行したのが眼精疲労で、目の痛みや視力障害、肩こり、頭痛など病的な様々な症状を感じるようになります。

大きな違いとしては、単純な目の疲れだけでなく健康被害も感じる上、継続的に繰り返されるということです。

眼精疲労は疲れ目の症状が悪化したものですので、放置しておくと必ず上記のような症状になります。日頃のケアを十分にするとともに、目の痛みや充血、ゴロゴロなどの違和感を感じたら、早めに眼科で見てもらうようにしましょう。軽度のものであれば点眼薬などですぐに改善しますので、結果的に負担が軽いです。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ