PCのディスプレイの見過ぎは疲れ目の原因のひとつ

疲れ目の主な原因:こうして疲れ目は起こる!

疲れ目の原因は、非常に様々ですが、近年大きな原因の一つになっているのは、パソコンやゲーム機などのディスプレイの見過ぎによる疲れ目です。ディスプレイは、激しい明滅を繰り返したり、非常に細かい動きを表現します。

さらに、長時間同じ姿勢を続けることによって、だんだんと疲れが目溜まり、結果として目の周りの筋肉が疲れてしまうことになるのです。パソコンは、仕事を行うのに必須のアイテムで、様々なシーンで利用されています。表計算や文書作成は手書きで行われるよりも、電子データとして行われる職場が多くなっています。

また、ゲーム機も現代人にとっては当たり前の遊具の一つになっています。そのため、疲れ目が発生する割合が高くなっています。そこで、ディスプレイから発生する光を遮断する方法やマッサージなどが普及するようになってきました。

ディスプレイから発生する光は強力なため、疲れ目を防ぐために、昔から保護フィルムなどを利用して光を遮る方法が使われてきました。しかし、近年のディスプレイはさらに進化し、従来のフィルムでは、抑えることのできない光が問題となるようになりました。その光はブルーライトと呼ばれる光です。

この光は目に対して影響を及ぼしやすい特徴を持っているため、ブルーライトカットフィルムや、PC用メガネが広く普及し、日常生活の中でも利用されるようになりました。市販されているため、対策として生活の中に取り入れることが容易にできます。さらに、疲れ目を緩和するためにマッサージなどを利用する方が増えてきています。

疲れ目が原因による肩こりなどの全身症状は、治療や改善が難しいため、リラクゼーション効果のあるマッサージによりストレスを解消して、対策を行うことになります。

マッサージは、目の周りをマッサージする方法や整体などを利用する方法があり、簡単に実行することができます。疲れ目の原因は、他にも様々ですが、対策をしっかりと生活に取り入れることにより、症状を緩和していくことが可能です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ