40代に多い老眼は疲れ目が引き金になることも多い

40代必見!老眼と疲れ目の違いを知って対策しよう

老眼は40代で始まる事が多く、平均すると45歳くらいから見え方に違和感を覚える人が増えてきます。小さな文字が見えにくくなったり、暗いところでは良く物が見えなくなったりします。目がしょぼしょぼするとか疲れやすいという症状も出るので、単なる疲れ目と思って何の対策もとらない人もいますが、早めに対処しておくと目の負担を減らす事ができます。

老眼と疲れ目の違いはまず第一に老眼が近くの物が見えにくくなるという事です。疲れ目の場合には、パソコンなどを見続けていて遠くの物を見ようとした時に、少しの間焦点が合いにくいなど、一時的な症状の事が多いのです。また目を酷使していて夕方になって目が乾燥したりしょぼしょぼしてくるのも目が疲れているためです。

目を酷使して疲れがとれないと老眼が早く進行する傾向があります。日頃から目が疲れたと思ったらなるべく早く遠くを見たり目を温めたりして血行を良くし休ませてあげることが大切です。40代で疲れ目のケアをしっかりしておく事が、目の健康を保つ事につながります。

疲れ目がひどい時は目に良い栄養素を摂るのも良いでしょう。ビタミンAは目の角膜や水晶体を丈夫にする働きがあり、ビタミン類は視力の低下を防いだり強い抗酸化作用があるので細胞が老化するのを防いでくれます。

抗酸化作用が強いものにポリフェノールがありますが、これも摂取すると目に良い事が知られています。また老眼に良いツボを押すのも良い方法です。手の小指の手の平側の付け根やこめかみのツボを押すと、目の疲れがとれ老眼に効果があります。

老眼になったら早めに遠近両用メガネをかけるとか遠近両用コンタクトをつけることで、目の負担を減らす事が大切です。40代では早いと考える人も多いのですが、目に負担をかけないことが進行を止めることにつながります。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ