日頃から目を酷使する方は老眼になりやすい人

目の老化は既に始まっている:老眼になりやすい人って?

40歳を過ぎたころから、急に新聞の文字が見えにくくなったと感じる人はとても多いです。まさか自分が老眼になるなんて考えてもいなかったので、ショックを受けている人もいることでしょう。老眼は加齢による生理現象なので、どんな人でも起きてしまいます。

普段から長期間パソコンで作業している人や、細かい手仕事をする人は、比較的老眼になりやすい人といえるかもしれません。長時間パソコンや細かい手作業などをする時は、できるだけ時間を決めてストレッチをしたり、目を休めてください。

目の酷使による血行不良や、活性酸素などが影響で、どんどん目の老化を早めていきます。ストレスをためないことも大事で、できるだけ睡眠不足はさけるようにしましょう。

老眼になりやすい人は、肩こりや頭痛、吐き気なども引き起こすこともよくあります。早めに対策をとれば、目の負担が減って自然に体調もよくなります。老眼になりやすい人は、目のトレーニングをおこなうと、目の老化を少しでも遅らせることができます。

10センチ前に人差し指を立てて、その指をみたら、次にその人さし指と一直線のはるか遠くを見るようにします。これを20セット繰り返すトレーニングを、1日4回以上続ければ効果がでます老眼に効果的な食べ物を食べることもとても大事です。

ブルーベリーや赤ワイン、しそや黒豆、ぶどうや山芋、納豆やウナギなども効果的な成分がたっぷりはいっているので、すすんで摂取するようにしましょう。老眼に有効な成分は、ブルーベリーや赤ワインに入っているアントシアニンや山芋や納豆などのネバネバ食品に含まれているコンドロイチン。うなぎや人参などに含まれるビタミンAやサザエやアサリに含まれるタウリンなどがあります。上手に摂取して、できるだけ目を酷使しないように気をつけましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ