おしゃれで使いやすい老眼鏡を眼鏡屋で買おう

目の老化に対応する:自分にあった眼鏡を使おう

老眼と聞くと、50代や60代以上のイメージがありますが、最近では早い人なら30代の後半から始めることもあります。40代になると、白髪が出てきたり肌にシミが出るなど少し老化を感じることがあります。老化は、見える部分だけでなく体の中や目にも進行しています。

もともと、目のピント調節力の低下は、10代のころから始まっています。若い時期は、まだ水晶体に柔軟性があるためにそれがカバーされています。しかし、40代になるとその水晶体が硬くなり始めるために老眼に移行していきます。

そのために、眼鏡屋で自分の目に合わせたものを探す準備をすることも大切です。今の時代は、昔と比べても目を酷使することが多くあり、自分が思う以上に目は疲れています。

40代から、まさか老眼とは思いたくない気持ちは誰でもあります。しかし、老化するのは生きているもの全ての宿命です。我慢して、見えにくい状態のままでいると余計に目に負担がかかり、疲れるだけです。この先の、人生を考えるなら目はとても大切な器官です。

また、肩こりや頭痛がひどくなる時もあります。このように、目の疲れは他の部分にも害を与えます。今は、おしゃれな老眼鏡もたくさんあります。自分の大切な目を、これからも守るためにも眼鏡屋に行くことです。そして、眼鏡屋でよく検査をしてもらい、自分の好みのフレームを選ぶことも楽しいものです。

メガネの外観も、とても種類があり、かけていても老眼とはわかないものが多いです。自宅だけでなく、外出時でも使用できるようにすると効率がいいです。老眼になり、メガネをかけるようになると普段慣れていない分よく紛失することがあります。そのために、二本あるとすぐに使えてとても便利です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ