近視の人の老眼が進むとどうなるのかには個人差がある

目の老化の特徴:近視でも老眼になるの?

お若いころから近視・遠視という方はたくさんいらっしゃるでしょう。40代に入ると、さらに老眼という症状が加わるケースが多いです。目のレンズの焦点が遠くで合うか近くで合うかは子供のうちからそれぞれに違う癖のようなもので、目は自然に、筋肉を使ってレンズの厚みをコントロールします。

近視・遠視というのは、そのコントロールされた焦点の位置が癖になって固定化することで起こります。これはメガネやコンタクトレンズで補って暮らせます。一方老眼というのは、調節筋肉がだんだん弱くなって、もとの固定された癖までも保てなくなる状態です。

癖がリセットされてみなさん一律に近くが見えにくくなりますが、持っていた癖の強さによってその新しい「見えにくさ」が目立って感じられる方も、癖が軽減されてかえって見えやすいという方もいらっしゃいます。

もともと近視の方は遠くが見にくい上に老眼によって近くも見えにくくなるので、これまでの矯正では視力をカバーしきれなくなります。裸眼でなら近くが少し見えるという方もありますが、これも個人差です。そこで老眼鏡が強い味方となってくれます。

本を読む時やパソコン作業の時は老眼鏡、家事や外出・テレビを観る時などは普段のメガネ。近視の方はこのように、二つのメガネを暮らしの中でかけ替えることで不便がだいぶ解消できます。また、レンズの下半分に別のレンズをはめこんだ、遠近両用のメガネもあります。

これらの器具は専門店で詳しいので、気軽に足を運んでみるとよいでしょう。目を疲れさせないようなセルフケアもおすすめです。目の筋肉は冷えや酸素不足でとても消耗します。手で目の周りを温めたり、目を閉じた状態でぐりぐりと眼球を動かしてほぐしたりしましょう。意外なところで肩こりにも要注意です。

目が疲れて肩がこると思いがちですが逆の場合もあるのです。肩がこると血管が狭まり、血液が頭部まで届きにくいので目が酸欠になります。全身状態が深く関わるということを知っておきましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ