パソコンに映る照明や光は老眼に悪影響を与える

目の老化の原因となるもの:照明も目に影響を及ぼします

老眼は40代始め頃から徐々に表面化してくる様です。書類の字が霞んで見えるなどの現象が起きてきます。老眼の原因は加齢により、目の中にある水晶体の機能が低下してくる事により、近くのものにピントを合わせ調節力が弱まっていることが原因です。

誰もに起きる現象と言えるでしょう。また、最近はパソコンやテレビ、携帯電話などの画面を注視している事が多く、この液晶画面は勿論、ディスプレイ画面に照明や窓の光が入り込む事で目の調節能力に悪影響を与える事も判明しています。

目の健康の為には食生活や生活習慣に気を付けて、目を更に悪化させない様に気を付ける必要があります。老眼は誰にでも起こる現象ですが、スピードを緩め、進行を遅らせる事も出来るのです。

老眼のスピードを遅らせるには、日常生活をする上で色々な方法があります。まずは仕事でパソコンなど頻繁に使用する方はプライベートではあまり使用しない様に気を付けましょう。パソコンの画面に写り込む照明などの光が目に悪影響を与えるので、なるべくパソコンで照明など入り込んだ画面を見ない様にする必要があります。

仕事でも頻繁に画面を見つめているのに、プライベートでも使用すると益々悪化し、老眼の進行を早めてしまいます。また、適度の運動は目の筋肉に低下を遅らせる事ができ、ブルベリーの様な目に良い栄養素を摂取する事は老眼の進行を遅らせる為に効果的だと言われています。

更に目の体操は老眼の進行を遅らせるのに大変効果があると言われています。遠くのものにピントを合わせて見つめたり、近くのものにピントを合わせて見つめたりと毎日継続的に目の筋肉を動かし、鍛える体操をすると進行が遅れます。時間の合間に目の体操をしましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ