老眼が影響して体調が悪くなってしまうこともある

目の老化が起こす影響:放置せず早めに対策を

加齢と共に感じるのが、体に表れる様々な機能の衰えなのですが、その代表的なものは目の衰えつまり「老眼」です。特徴的な症状として本や新聞を読む時、ふとした瞬間に身を引いたり近づけたりします。又、眼精疲労・頭痛・肩こりなど体調にも影響します。これは、近くにあるものほど見えにくくなってしまうので、焦点を合わせようと反射的に身をひいてしまうのです。

老眼は「老視(ろうし)」と呼ばれ、早い人では40代から、この症状が現れるそうです。原因は「水晶体」の弾力性の低下して、水晶体レンズでのピント調整が上手くいかなくなることが大きな要因といわれます。

只、ピント調整が良くないというだけでは、命に影響が出ないので、そのまま放置しておかれる方もいらっしゃいますが、実は白内障など大きな病気が影響を及ぼしていることもあります。

老眼鏡や目に良いサプリなどで早めに対策することをお勧めします。

歳をとったのだからと老眼を甘くみてはいけません。早い人では40代から眼の老化は始まります。眼の老化の予防対策としては、日常的に目を疲労させないことが一番です。只、パソコンなど使う機会の多い仕事や細かい仕事をする人はなかなか難しいようです。

眼精疲労をほっておいた影響で頭痛、肩こりがする、食欲不振など体調も悪くなることがあります。目が疲れやすくなったと日常的に影響を感じたら、メガネ屋さんで自分に合うメガネを作ってもらいましょう。年に1回は、眼科で検診を受けることも大切です。

又、老眼を進行させないためには栄養面でのケアも必要です。目に良いといわれる「アントシアニン」「「β(ベータ)カロチン」」「ビタミンB」などを含んだ食材を獲るようにしましょう。ブルーベリー・りんご・イチゴ・人参・かぼちゃ・ブロッコリーなどスーパーで簡単に手に入る食材です。

でも、忙しくそんなに栄養面に気をつけていられないという方は、サプリメントという手もあります。栄養面のケアを十分に行う事で、体調不良も改善できるでしょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ