目の老化現象である老眼の原因は水晶体にあった

老眼になぜなるの?目の構造と加齢がもたらす影響とは

人間は、生まれた時から誰もが同じではなくそれぞれに違いがあります。視力の違いもその一つです。近視や乱視の人もいれば、反対にとても視力が良い人もいます。そんな視力の問題ですが、誰しも年齢が高くなると老眼になります。ただ、なる時期はやはり個人差があります。

老眼になる原因は、目のレンズの水晶体が加齢により衰え、弾力性がなくなることで近くのものを見る際にピントを合わせることが困難になることです。これは誰もが経験する老化現象の一つになります。

避けて通ることができないのが老眼です。一般的に近くが見えづらくなる症状と思われていますが、本当はピントが合う範囲が狭くなってきているのです。そのため、調節ができない部分が増えて見えにくくなるのです。

老眼は、中高年からと考える人が多くいますが、実は40代からその傾向は出ています。また、早い人は30代の終わりから発症の兆しがあります。老眼の原因は、ほとんどが老化現象になりますが、最近は年齢が若い人にもこのような症状になる場合があります。

その主な原因は、パソコンやゲーム機などの使用頻度が増加したことにより、目を酷使していることです。もともと水晶体は、若い間は弾力性があり調節も上手にできています。この水晶体が、目の酷使により、調節する毛様体筋に負担がかかり近くのものにピントが合わなくなるのです。

しかし、この状態は加齢が原因の老眼とは言えません。この状態が、長く続くことで眼精疲労に繋がります。そして、人よりも早く老眼になりやすいことも事実です。

このような状態にならない予防として、眼の疲れを感じたら少し目を休めることが大切です。また、遠くの景色を見ることも、疲れをとる作用があります。大切な目を、休養させてケアしていくことが重要です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ