レーシックの手術にはどんなリスクを伴うのか

レーシックで視力回復:レーシック手術は本当に安全なの?

目という大切な器官を手術することに心理的な抵抗がある方も多いかもしれません。レーシックの手術でのリスクはゼロではありません。

例えば、不衛生な手術環境がもたらす感染症や、レーザーで角膜を削る際にうまくいかず乱視になってしまうケース、また、角膜が手術後に厚くなることで近視になってしまう場合もあります。

近年はその効果で人気が非常に高まったことを受けて、経験の浅い業者が格安で手術を行い、価格につられて質の低い手術を行った患者が満足のいく結果が得られないことで悩んでいるケースも存在します。レーシックは成功すれば非常に大きな効果が得られますが、失敗すれば元も子もないので、医師選びは慎重に行いましょう。

粗悪な業者を選ばなければ、レーシック手術のリスクもかなり下げることができます。レーザーで角膜を削るとなると失明のリスクが怖いところですが、実は今までにレーシックが原因で失明した人は殆どいないと言われています。

きちんとした医師を選択すること、また、術前や術後の注意事項を間違いなく遵守することで、安全にレーシック手術を受けることができます。手術が成功すれば、目が悪かった頃を思い出せないくらいに視力が回復する非常に魅力的な手術でもありますから、いい医師に担当してもらうことや、納得するまで説明を受けることをオススメします。

>>レーシック手術のリスクを知る

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ