地道な訓練でIT眼症を克服し回復させることができる

IT眼症とたたかう:回復訓練は親と協力して行いましょう

もし子どもがIT眼症になってしまったら、どのように対処することができるでしょうか?その場合には、親が積極的に子供に協力して回復に努めなければなりません。その理由は、IT眼症という病気が、回復するのに根気のいる病気だからです。

IT眼症における症状では、眼の疲れやドライアイだけではなく、不安感やイライラなどの精神神経症状をきたす場合もあります。そうした症状は子供一人では乗り切ることが難しいので、周囲のサポートや励ましが必要になります。子供にとって何より強力なサポーターは両親となりますので、両親が懸命に子供を支えてあげる必要があります。子供が懸命に回復訓練に取り組み、なおかつ親のサポートがあれば、早く症状を治すことができるようになります。

では、子供が実際にIT眼症になった場合、親は具体的にどんなサポートを行うことができるでしょうか?何より重要なことは、子供が回復訓練を途中で投げ出さないことです。これには担当医のアドバイスや指導も重要ですが、家庭において精神的な支えとなるのは親です。したがって、子供がIT眼症の回復訓練を行っている間は、親が日常生活全般において心の支えとなれるように努めなければなりません。

具体的にどんなことができるのでしょうか?例えば、子供の不安感やイライラが起きた時には、慰めの言葉を与えたり、訓練を続けることを励ましたり、話を聞いてあげることができます。情緒不安定なときは、話を聞いてくれるだけでも人は安心するものです。

親に特別なスキルがなくても、ただ子供のそばにいて話を聞いてあげること、またちょっとした励みとなる言葉を与えるだけで、子供は前向きになり勇気をもつことができます。そうすれば意欲的にまた継続して回復訓練に励むようになり、症状を早く治すことができるようになるでしょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ