子どもの視力をIT眼症から守るための工夫を

現代ならではのIT眼症:子どもに増えているIT眼症とは

目を酷使する時代になっています。私たちの周りにはたくさんのIT機器があります。これらを利用しない日はないと言っても良いでしょう。大人も利用しますが、子どもも利用するではありませんか。

心配なのは、子どもの目です。IT眼症を起こしている人が多くなりました。テレビを見たり、パソコンやゲームをやったりしていませんか。長時間、画面を見続けることで目を休ませないということも少なくないでしょう。

画面から放たれるブルーライトは目を疲れさせます。だから、長時間見続けるのではなく、たまには休憩することも大事です。視力の低下にもつながりますし、目の不快な症状も起こってしまいます。休憩することでこれらを防ぐことはできます。

普段、テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面をどのような状態で見ているでしょうか。大人よりも子どものほうが画面に目を近づけていることが多いかもしれません。なるべく画面から離れて見るようにすることで、目を疲れにくくすることができます。

姿勢を正して画面を見るようにすれば、自然と画面からの距離も遠くなるでしょう。これだけでも、ある程度はIT眼症を予防することができます。どれくらい画面を見たら目を休憩させるのかを決めておくのもいいでしょう。

子どもは、夢中になると長時間画面を見続ける可能性が高いです。1時間だとか45分たったら画面から目を離して目を休ませるようにしてみてください。目薬を使ったり、蒸しタオルで目をいたわってあげるのも効果的です。

このような工夫をするとIT眼症を予防できるのでやってみてください。子どものうちから工夫をしておくことで、習慣化させてしまえば、大人になってからもIT眼症のリスクが減るはずです。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ