子どものIT眼症をふせぐには日常生活の気配りが重要

知られざるIT眼症:子どもがIT眼症にならない為には

もはや、めずらしい話ではなくなってきた、パソコンからくる目の疲れ。仕事やプライベートで長時間のパソコンやタブレット、スマートフォンを使うのが当たり前となってしまった昨今、便利である反面体調を崩してしまう人も増えてきているようです。

1998年に眼精疲労、いわゆるIT眼症は労災認定されており社会問題となっています。それが現在では大人だけの問題ではなく、子どもにも浸透していると言われています。子どものIT眼症を防ぐ為、様々な注意点を知り予防していかなくてはなりません。

まず普段から気を付けておけることは、目は精神的なストレスや睡眠不足が出やすい箇所です。日頃から体調を整えておくことがIT眼症をふせぐのには大切です。

子どものIT眼症をふせぐには、普段の生活をいかに健康的な物にするかが大切となります。テレビやゲーム、携帯ゲーム機、スマートフォンやパソコン、子どものまわりにもIT機器はあふれています。

IT眼症にとって一番の治療はIT機器の画面から遠ざかる事だと言われます。年齢が若い子どもだからこそ、親の対応次第でよくなるのです。まず、全てを断ってしまうのではなくて徐々に時間や回数を少なくしていく様に興味を他へ逸らしてあげるのが、子どもにとってストレスも少なく有効的だと言えます。

普段どうしても会話が少なくなってしまっている家庭内で親から積極的に会話を持ちかけるのも効果的でしょう。もしもふせぐ事でカバーできず症状があらわれてしまったら、早めに医者へ行き相談、効果的な治療を施すことが大切です。本人が頭が重い、ぼやけて見にくい、充血気味、ドライアイの症状が出ているなどサインを出してきたのなら、早い対応がいいでしょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ