花粉症結膜炎でたまらないかゆみを起こす前に予防を

花粉症でおこる花粉症結膜炎の症状と治療について

花粉症は様々な症状を引き起こします。そのような花粉症の症状の一つである花粉症結膜炎は、花粉によるアレルギー性疾患によって、目にかゆみや充血などを引き起こすことになります。

このような症状は、アレルギー物質である花粉と接触しなければ起こることはありません。しかし、接触しないということは不可能に近く、何らかの予防策を行っていく必要があります。

症状が行った場合には、眼科を受診するようにして対処する必要があります。初期の段階では、花粉症の薬を使った治療を行っていくことになります。さらに症状が進んでしまった場合、ステロイド含有の目薬を使って治療することも必要です。

このほかにも様々な治療方法が存在していますが、やはり、かゆみなどの症状が出る前に、生活の中で花粉症結膜炎を予防していくことの方が重要となります。

かゆみがひどい花粉症結膜炎を治療する場合、眼科に行って花粉症の薬を使った治療を行っていくことになります。しかし、かゆみなどの症状が出る前に、生活の中で花粉症結膜炎を予防していくことの方が重要となります。

花粉症用のメガネは、メガネの縁が目を覆うようにカバーするタイプが主流となります。大きいレンズのメガネで代用することもできますが、隙間が空くため効果は多少低めです。ゴーグルタイプもありますが、日常生活で使うとかなり目立ってしまうため、場所によっては不向きな場合もあります。

マスクなどを利用する場合、マスクは使い捨てが基本となりますが、帽子は使用後にしっかりと払っておく必要があります。また、コートなどを利用する場合も同様です。おしゃれなものもの多いため、日常生活の中で利用しても支障は少ないといえます。また、空気清浄機や布団乾燥機も、時季によっては利用する方が良い場合があります。生活環境から花粉を少なくしていくことが重要となります。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ