つらい花粉症の目の痒みを和らげる方法とは

花粉症ではなぜ目に症状が出るのか知っていますか?

花粉症の季節になるとものすごく目がかゆくてたまらなくなることはありませんか。どうしてこのような不快な症状が起こってしまうのでしょうか。まずは、花粉が付きやすいと言うことがあります。

結膜に直接花粉がくっついてしまうことで症状が表れてしまうのでかゆみが起こりやすいというわけです。結膜は、アレルギー反応を起こす免疫細胞がたくさんあるところです。血管も多いのでどんどん炎症を起こしてしまうというわけです。

だから、目が真っ赤になってしまったり、我慢できないほどのかゆみが生じてしまうというわけです。どうしても結膜に花粉が付いてしまいますから、花粉症の人にとっては、かなり厄介な症状の一つと言っても良いのかもしれません。

しかし、あまりにも我慢できないほどのかゆみともなるととても辛いでしょう。少しでも緩和するためにはどうすれば良いのか。やはり、花粉が結膜になるべく付かないようにすることが一番でしょう。メガネをかけて少しでも花粉が目に入らないように防ぐようにしませんか。

ゴーグルのようになっており、かなり花粉が入りにくい構造のタイプのメガネもあります。また、なるべく花粉症の治療を早期に始めるようにすることも重要です。早めに治療を始めれば花粉症の症状事態があまり重くなら内で済みます。

自分が花粉症だと自覚しているのであれば、なるべく早めに医療機関を受診しておきましょう。そうすれば、結膜に花粉が付いてしまってもあまり目の症状が重たくならなくて済みます。外出先から帰ってきたら、なるべく早めにシャワーなどで結膜に付いた花粉を洗い流すのもお勧めです。結膜に花粉が長時間付かないようにすることで、アレルギー反応が出ないようにすることができます。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ