花粉症結膜炎の予防にはメガネ等のアイテムを有効活用

花粉症結膜炎は日常的に予防できる!

花粉の季節になると、ひどい花粉症に悩まされる方が多く、耳鼻科や眼科などは大忙しになります。それだけアレルギー体質の方が世の中に多いということですが、花粉には様々な種類がありますから、どれかに対してアレルギー症状が出るというのもおかしい話ではありません。

喉の違和感や目のかゆみ、くしゃみや鼻水などあらゆる症状を引き起こしますが、これらを放置しておくと、さらにひどくなり花粉症結膜炎という病気にかかる事もあります。

これはアレルギーのある花粉が目に付着することで発症するのですが、目を保護することなどで、それを予防する事も出来ますから、様々なアイテムを使って結膜炎になるまで悪化しないよう心がけるべきでしょう。

花粉症結膜炎を予防するのに有効なのが、めがねです。普通のめがねは外側が空いていますから、そこから花粉が入ったら意味がないと思いがちですが、実際めがねをしていると目に直接入る花粉の量は3分の1になるという検証結果も出ています。

最近では、花粉症結膜炎専用のめがねなども販売されていますから、このようなものを利用するのもよいのではないでしょうか。また、目薬をやたらと点眼するのは意味がありません。確かに一時的にかゆみはおさまるかもしれませんが、本当の予防にはならないのです。

目を洗浄する液体を使用するか、病院で処方された専用の目薬を使うという方法がよいでしょう。花粉は直接目に入らなくても、手や衣服に付着したものから目に入るということも考えられます。特に寝ている時は、知らぬ間に手で目を掻いているというケースが多いですから、外からの帰宅後は手をしっかり洗って花粉を洗い落とすという事も重要な対策と言えるでしょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ