メガネを買うなら資格のある認定眼鏡士にお願いしよう

メガネの豆知識:メガネ選びのプロフェッショナル「認定眼鏡士」の仕事

認定眼鏡士メガネは視力が悪い方の目をよく見えるようにするものですが、ただ単純によく見えるようになるだけでは不十分です。

メガネは長時間使用し続けると、目の疲れが起きたり、視力が低下してしまう恐れもあります。

このようなことが起きる原因は、自分の視力と合っていないメガネを使用してしまうことにあります。

目をよく見えるようにすることと、使用し続けても目が疲れないことなど、様々なことを兼ね備えていなくてはなりません。しかし、これらのことを一般の方が簡単に判断するのは難しいのです。

そこで、そのようなことを防止するために、専門知識をしっかりと学び、その方に合ったメガネを選ぶ資格の認定眼鏡士が必要となってくるのです。

その方に合ったメガネを提供していくメガネ選びの資格、認定眼鏡士には様々な倫理があり、それを守っていかなくてはなりません。認定眼鏡士は常に使用者の視力を保護することを第一に考えなくてはなりません。そして使用している方のより良いビジョンケアを提供するために努力を尽くしていかなくてはなりません。

その他にも、認定眼鏡士は最先端の技術レベルでビジョンケアを提供できるよう、絶えず学び、自分自身の成長を促していかなくてはなりません。もし使用者の方に何かしらのトラブルが発生した場合は、それに合った他の専門機関を紹介し、適切な勧告をしなくてはなりません。

このように様々な倫理があり、これを守りながら自分に合ったメガネを選んでくれる資格が認定眼鏡士なのです。メガネには近視や遠視、乱視、老眼などがありますが、自分の症状に合ったメガネは1つしかありません。そして目とレンズの距離や角度が違うだけでも見え方が変わってきてしまうので、これらのこともふまえながら認定眼鏡士は最適なものを選んでくれます。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ