レンズの発明と発達の歴史がメガネという商品を産んだ

メガネの歴史:13世紀に発明された老眼鏡が現代のメガネになるまで

今は、視力が悪くてもメガネを活用することで、生活をしていく上では支障なく暮らしていけます。この便利なメガネの歴史はとても古いものがあります。メガネは、現在も正確には誰が発明したのかは不明です。レンズの原型は紀元前3世紀ころとされています。

当初は火を起こすために、使用するものでした。その後、現在のようにレンズが使用されるようになったのは、13世紀の半ばから後期にかけてのイタリアではという説が有力です。高価な水晶や緑柱石を磨いて作られていたレンズが、イタリアのベネチアの高度なガラス技術によりレンズにされたと言われています。

その当時は、まず老眼鏡としてヨーロッパ中に広がっていきました。現在で言う、虫メガネの原型です。

近視用のメガネが製造されるようになったのは16世紀の後半になります。そして、日本でのメガネの歴史は1549年に来日した宣教師フランシスコ・ザビエルが始まりです。

その後、来日した宣教師たちが時計、鉄砲などを大名に献上しました。初めの頃は、日本国内でメガネを製造する技術がなく、高価なものをヨーロッパから取り寄せて使用していました。

それが変化したのは、明治になり、政府の勅命を受けて朝倉松五郎という人物がヨーロッパでメガネ作りを学んだころからです。そのおかげで、現在ではメガネは高価なものではなく、庶民でも気軽に購入ができるようになりました。

レンズに歴史があるように、それを支えるフレームも大きく変化しています。初期のものは、手に持つことでものを見ていました。1800年頃になって、ようやくきちんと固定できる現在の形の原型が誕生しました。最近では、非常に軽くなったり、形状を記憶するなどより進化しています。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ