視力の低下など重い症状を引き起こす眼精疲労

疲れ目について知る:眼精疲労がもたらすシビアな症状

眼精疲労とは目の疲れにより物が見えにくくなる症状のことを言います。この症状は通常、物を見ているだけで目が疲労したり、目に痛みを生じる症状を伴います。

単なる目の疲労の場合には、睡眠などにより一定時間物を見ないようにして目を休めれば状態が回復することも多いのですが、眼精疲労と呼ばれる状態では、一般的には目を使わないで休ませても状態を回復することができないのが特徴です。

眼精疲労になった場合には、目の疲れだけでなく、目のかすみなどの視力の低下を招くことがあります。さらに目だけに限らず頭痛などを引き起こす場合もあります。

状態がさらに悪化すると、吐き気を催すこともあります。

日常生活で眼精疲労が発症するのは、目を酷使したことが原因である場合が多いです。細かい字の書かれた本を読んだり、動きの激しい影像をテレビなどで見続けることにより、目に負担をかけることは昔から見受けられてきました。

最近ではそのようなことに加えて、パソコンの普及によりパソコンのモニターを遊びや仕事などで長期間見続けるため、目に負担がかかり、こうした症状を引き起こす人が少なからずいます。

また日常生活で目に負担をかけるような行為として最近多くなっているのが、携帯電話の細かな文字を長時間見ることです。最近ではスマートフォンなどにより電話やメールだけではなく、インターネットやゲームなどをすることもできることから、こうした小型の端末で長時間、動画などを見たりした場合、目の疲労もより大きなものとなります。

こうした目の酷使により眼精疲労の症状を感じた場合、しっかりと目を休ませることを意識することが特に大切になります。

>>レーシックを受けるなら眼科専門医がいるクリニックで!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ