目に潤いがなくなる症状を感じたらドライアイの疑いが

ドライアイが顔の印象まで変えてしまう!ドライアイの辛い症状

パソコンやスマートフォンを使っていて、目が疲れやすかったり物がかすんで見えるといった症状がある場合、ドライアイになっているかもしれません。

ドライアイは、目に潤いを与えるために必要な涙の量が不足したり、涙の成分バランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなり、目の表面に傷が生じる病気のことを言います。

目が正常な機能を維持するには涙が不可欠なのですが、ドライアイではパソコンなどの画面を凝視したり、エアコンの風を直接受けたり、コンタクトレンズを長時間着用することなどにより、涙が蒸発しやすくなって目に潤いを与えられなくなることがあるのです。

このような状態が続くと、視力の低下や日常的な目の痛み、角膜上皮剥離などの症状を引き起こすことに繋がります。

ドライアイは長時間パソコンやスマートフォンの画面を見続けたり、エアコンをつけ乾燥した部屋で作業をしたり、コンタクトレンズを常用していることなどが原因です。現代社会では、パソコンやスマートフォンを使わない生活は考えられませんが、画面を見ているときに症状が出やすくなります。

また、目にダメージを与える大きな原因は、まばたきが少ないことです。まばたきは目に水分を運ぶ重要な役割を担っています。まだたきの回数を減らさないよう意識することで改善が見られるはずです。エアコンを使う場合は、目を乾燥させないように湿度に気を配ることが症状を抑える秘訣です。

さらに、風向きにも要注意です。風が直接当たらないように、風よけや衝立を設置し、目に良い環境を構築するようにしましょう。コンタクトレンズを使用すると、涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、涙が蒸発しやすくなることで涙の成分が変化しやすく、ドライアイを起こしてしまいます。できればメガネを使うか、眼科医に相談して負担の少ないものを選ぶようにすることが重要です。

目は一生使うものです。目の状態を意識し、ドライアイにならないように心がけましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ