パソコンユーザーも工夫ひとつでドライアイになりにくい

ドライアイになりにくいパソコンの使い方とは?

現代人は、仕事場でも自宅でもパソコンをよく使っているでしょう。一家に一台あることが当たり前と言っても良い時代になりました。それと共に、目の不快な症状で悩んでいる人も多くなってしまいました。これは、長時間ずっと画面を近くで見続けてしまうことで起こることです。

まばたきの回数が少なくなってしまうことで、ドライアイになってしまいます。つまり、夢中になりすぎないでちゃんとまばたきをすればドライアイに悩まされなくて済むというわけです。

ちょっとした工夫をするだけで、かなり目の疲れを軽減させることだってできます。パソコンの使い方次第で違うものです。今、自分がどのようにパソコンを使っているのかを思い浮かべるところから始めましょう。

パソコンを操作するときに、画面が目の高さよりも上にきていませんか。これでは、上目使いとなってしまうために、目が乾燥しやすくなってしまいます。ドライアイを加速させる可能性が極めて高いというわけです。どうすればいいのかというと、画面の高さを目の高さよりも低くしてみましょう。

たったこれだけで大分違ってくるはずです。ななめ下を向くことで、目が乾燥しにくくなります。姿勢を正して、目が乾燥しないように気を付けるようにしましょう。また、なるべく画面から目を離すことも重要です。これは、姿勢を正すことで改善できます。

また、ブルーライトカット眼鏡を使うことも効果的です。画面を近くで見ると何が悪いのかというとブルーライトという目を疲れさせる光を見るからです。パソコンメガネという名前で販売されていることも多いです。このメガネを使うだけでもドライアイをある程度予防することができます。以上のことに気を付けてパソコンを使うようにしましょう。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ