コンタクトレンズの使用期間を守らずに起こるトラブル

正しく使って快適コンタクトレンズライフ:守っていますか?使用日数

使い捨てのコンタクトレンズは1日とか2週間とかいうように使用期間が決められています。使用期間を守らなければ、様々なトラブルを招くことになります。1日使い捨て用のコンタクトレンズは非常に薄く、2週間用のように専用液でこすり洗いをすると破けたり傷がついたりします。

傷がついたレンズを使用すると目にも傷がつくことになります。こすり洗いをせず、専用液で保存した翌日にまた使用すると、感染症の原因となります。緑膿菌やアカントアメーバが繁殖してしまうと、角膜に穴が開いてしまうことや、最悪失明にまでいたってしまう場合もあります。

また、寝るときに外さないで使い続けると、目に酸素や栄養分が足りなくなり、やはり角膜のトラブルを招くことになります。

今までトラブルがなかった場合でも、今後もトラブルがないとは言い切れません。体調を崩すなど免疫力が弱っている時などは、目にも症状が出る場合もあります。コンタクトレンズを扱う前には手を洗い清潔にして、毎日正しいコンタクトレンズのケアをするように心がけるべきです。

使用期間が1日のコンタクトレンズの場合はケアは必要ありませんが、2週間の使用期間のものの場合は、こすり洗い、洗浄、保存を清潔な手で行います。専用液を購入すると大抵専用ケースが付いてきますが、すすぎ洗いをしていても専用ケースも汚れますので定期的に交換すべきです。また使用期間を守ることは非常に大事です。

1日使い捨てのものは2日目3日目と使わず、装着時間と使用期間を守るように心がけます。2週間利用の場合は隔週月曜日に新しいものをおろすなど、マイルールを決めると良いです。コンタクトレンズは便利な道具ですが、目に直接触れるものですので、正しく使用するようにしましょう。

>>視力回復手術レーシックのアフターケアとは

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ