繰り返し使えるハードコンタクトレンズのメリットとは

コンタクトレンズの使い方:ハードコンタクトレンズのメリットと注意点

ハードコンタクトレンズ近年はデジタル化機器の普及に伴い、大人も子供も目を酷使する機会が増え、視力矯正をしなければいけない状態の人が増加傾向にあるようです。

視力が良い人を探すほうが困難なほどで、メガネをかけていなくてもコンタクトレンズを装着している比率は高いので、今では街中のあちこちに専門店が目立つようになりました。

さてコンタクトレンズには大きく分けて、ソフトとハードがありますが、それぞれの特徴としてソフトが瞳より大きいもので違和感が感じにくいもの、ハードは瞳より小さくてちょっとした異物が入っても目が開けられないほど痛むことがあります。

しかし後者のほうが、目に何か異常が起きた時はレンズが入れられないほど痛いので、すぐに発見できるというメリットがあります。また、目の渇きはソフトよりはましだと言われています。

ハードコンタクトレンズは、慣れるまでには時間がかかり、ちょっとゴミが入っただけでも目が開けられないほど痛く、何かと不自由を感じるのですが、ソフトコンタクトレンズに比べて目には良いと言われています。

ソフトコンタクトレンズはコンタクト初心者でも比較的慣れやすく、違和感も感じにくいというメリットはありますが、目に何か異常が起きた時でもなかなか気づきにくく、目の病気が進行してから病院へ行くということが多いようです。

しかし、ハードコンタクトレンズは少しでも眼球に問題があれば、痛くてレンズが入れられないほどになるので、早めに異常を自覚できると言われています。

しかし、ハードコンタクトレンズにもデメリットはあります。

ソフトコンタクトレンズは使い捨てだったり破れたりすることで、自然と新しいレンズを装着するようになりますが、ハードコンタクトレンズは、落として失くしてしまったり割れたりしない限り使い続けることが多いので、レンズに傷がついていてもそのまま使用を続けてしまうことも多いようです。

一定期間使ったらもったいないですが、取り替えることも大切です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ