病気を引き起こす危険性があるカラーコンタクトレンズ

コンタクトレンズの仕組み:カラコンの危険性!その理由とトラブル

カラーコンタクトレンズトータル的なおしゃれを助けるアイテムとして若い世代に人気の高いカラーコンタクトレンズ。

今はそのカラーも様々な種類が販売されるようになり、さらに人気が高まっています。

コンタクトレンズと言えば、医師の診察を受け、目の状態を検査してから受け渡されるというのが当然でした。

最近はこの人気からなのか、一般の量販店やインターネット上でも簡単に手に入るようになってしまい、医師のアドバイスなどを受けずに使用する方が増えています。

コンタクトの洗浄方法や、保存の方法、使用頻度や継続使用期間など医師から聞くべきことは様々です。

やはりきちんとした診察と最低限の使用方法の知識がなければ、目に危険が伴います。

例えば、汚れの除去についてですが、カラーコンタクトレンズは色が付いているため、残った汚れやくもりが見えにくいという難点があります。ソフトタイプの場合は、洗浄液による揉み洗いが必要になりますが、汚れが見えないために、それが残ったままになり、翌日汚れたものをそのまま使うという事になれば、結膜炎やその他の炎症などの病気を引き起こしても無理はありません。

カラーコンタクトレンズにいたっては、それなりの洗浄力があるものを選ぶか、揉み洗いを通常よりも長く行うといった対処が必要です。また、危険性が疑われるのは洗浄方法だけではありません。量販店で購入するものの中には外国産のものもあります。

外国産のものは、着色料が残ったまま目に付着してしまうような恐ろしい危険性を持ったものもあり、それに気付かず使用してしまうと、これもまた目の病気に繋がってしまいます。やはり、コンタクトはカラーでもシンプルなものでも、医師の指示に従うというのが大切です。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ