知っておくと役立つ目の花粉アレルギーに関する豆知識

意外と知られていない目の豆知識:花粉と目の関係

花粉症は春になると、私たちの目を苦しめます。実際に春になると眼科を探す患者が2~3倍に増加してきます。

春の花粉とはアレルギー体質の人々だけでなく、健康な人々にも、大小の疾患を起こします。特に、去年の冬にドライアイなどで免疫力が低下した人であれば、さらに目の健康に気を使わなければなりません。乾燥した角膜には様々な花粉が溜まって炎症を誘発しやすいからです。

春になると目のかゆみ、鼻水とくしゃみが出ると訴えて眼科を訪れる患者が多いです。特に春に多く発生する眼病は、4~5月にピークとなる花粉が原因のアレルギー性結膜炎です。

アレルギー性結膜炎は通常、両眼に現れます。急に目がかゆくなり充血して痛い感じを持つようになります。涙がたくさん出てひどい場合、まぶたが膨れ上がり、結膜に浮腫が現れ、ねばねばした粘液性分泌物が出ることもあります。

慢性のアレルギー性疾患がある場合は、目の下に青あざみたいな、肌の色の変化が出ることがあります。このような症状は、抗原が除去されなければ、いつでも再発する可能性があります。

非常にかゆいのでこするようになりますが、こするほど、かゆみがひどくなります。かゆみがひどくなったら、氷を布に包んでマッサージする感じで冷シップをすると、一時的に良くなります。

アレルギー性結膜炎を予防するには、アレルギーの誘発物質が目に入らないようにすることです。風の強い日などは、外出を控えて可能であれば室内で生活する方がよく、やむを得ず外出をしなければならない時は、保護メガネやサングラスを着用するようにします。

また、目を手で触れないようにして流水で手をよく洗うことが重要です。手をはじめ、うがいなど、個人衛生を徹底するようにしましょう。

>>視力回復手術レーシックをアフターケアの充実さで選ぶ!

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ