目の盲点の構造についての豆知識

意外と知られていない目の豆知識:盲点と指摘

人間を含む脊椎動物は目の構造上、盲点と言って、どうしても物が見えない点が存在するのです。

これは、どのような構造によるものかというと、目の中には光を感じる細胞の集まりである網膜があります。この網膜の後ろには神経線維のネットワークがあって、これを視神経と言います。

視神経は、網膜を貫いて眼球の外に出て、脳へと伸びているのですが、この視神経が眼球の外に出て行く点が盲点となっているのです。そのために、この部分だけ、網膜の視細胞を欠いていますので、光が当たってもそれと気が付かないのです。

しかし、普通に生活している分には意識されませんし、気づくこともありません。しかし、この盲点を発見して指摘した人が歴史上にはいます。その人がいるからこそ、人間は盲点の存在に気が付いたわけです。その発見者の名前はエドム・マリオットと言います。フランスの物理学者の人でした。

盲点は、点とは言いますが、その大きさは視角にすると約5度であって、1m離れたところにある直径8cmの円が丸ごと見えなくなっていることになります。

こんなにも視覚情報が欠けているというのに、日常生活においてそれが意識されていないのは、その見えなくなっている部分の領域の情報が、その周辺の情報によって補完されているためなのです。また、目はじっとものを見ているのではなくて、絶えず動きながら物を見ているからなのです。

従って、ある種の実験をしてみなければ、一般的には盲点の存在に気が付くことはありません。この意味から転じて、日常生活などにおいてなかなか気づきにくい問題点のことも盲点と呼ぶようになりました。こちらの意味で用いる場合でも、人から指摘されなければ、自分ではなかなかその存在に気づくことができないのは、目の場合と同じです。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編
サブコンテンツ

このページの先頭へ