眼科専門医のクリニック

レーシックは眼科専門医がいるところでレーシック手術を安全かつ的確に行うには、医師にきちんとした知識と確かな技術が求められます。その判断基準となり得るのが、眼科専門医であるかどうかです。

眼科専門医とは、日本眼科学会が認定している専門医のことで、治療ガイドラインではレーシック手術は眼科専門医が施術すると定めています。

クリニックを選ぶ際には、手術を行う医師が眼科専門医であるかどうかチェックしましょう。

眼科専門医について

日本眼科学会により、眼科に関する医療知識と技術が十分であると認定された眼科医のことを「眼科専門医」といいます。この認定を得るには下記の条件があります。

・医学部を卒業後、日本眼科学会が認定する眼科の研修施設で5年以上の診察・検査・治療・手術などの経験を積むこと
・研修後に年1回おこなわれる専門医認定試験(筆記・実技)に合格すること

最低5年の研修期間中には、手術を100例以上行うことなど研修内容が細かく決められています。この研修をクリアしなければ認定試験は受験できず、合格率も他の医療学会に比べて低く、認定を受けるまでの道のりはかなり厳しいと言えます。

眼科専門医の資格は5年ごとに更新があり、その間眼科医として診療を行うのはもちろん、学会へ参加し勉強を続けなければ更新はできません。認定後も、常に知識と技術の向上をしていかなければ、眼科専門医であり続ける事は出来ないのです。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編

このページの先頭へ