レーシックの術後~アフターケアとサービスで選ぶ

レーシックは安全性の高いところでレーシックに限らず、手術を受けるということは少なからず体に負担をかけるという事です。安全な手術だと言われても、「もし万が一?」と考えない方はいないでしょう。

レーシック手術を受けるのであれば、こうした誰でも持つ不安にしっかりと対応してくれる充実したアフターケアがあるクリニックは、安心感が違います。

身体的・精神的にも負担の少ないサービスのあるクリニックかどうかも、大切なチェックポイントです。

レーシック手術のアフターケアについて

レーシックはレーザー照射によっておこなわれる眼の手術です。手術をした部分が回復し眼の状態が安定するまで、術後しばらく猶予が必要となります。ですから、手術をしたらそれで良いというわけではなく、術後のケアもとても大切になってくるのです。

そこで、当サイトがおすすめする名古屋のクリニックのほとんどが、定期的な検診をアフターケアとして提供しています。

例えば術後には、色々心配に思うことが起きたりします。患者さんが不安に思うケースとして、以下のようなことが挙げられます。

・手術後に眼をぶつけてしまった
・手術後に結膜炎などにかかってしまった
・視力が戻らない、または低下したような気がする

このようなアクシデントは起こらないに越したことはありませんが、全くないということは言いきれません。

定期検診だけでなく、不安に思う症状が出た時に急な診察にも対応しているかどうか、再手術となった場合の保障はどうなっているのかなど、アフターケアの内容が充実していることは、安心と信頼のクリニック選びの重要なポイントとなります。

通院しやすいサービスは?

レーシック手術を受ける場合、事前の適応検査や手術当日翌日の検診、その後の定期検診など、何度かクリニックへ通院する必要が出てきます。しかし、仕事が忙しかったり子供が小さかったりすると、その時間をやりくりするのはとても大変です。

クリニック側でも、こうした通院に関する負担を軽減するために、様々なサービスを提供しています。その中でも患者さんから喜ばれるサービスとして下記のようなものがあります。

■休診日なし
年中無休で開院しているということは、もし術後に何か不安に思う事があってもすぐに相談できるという事です。実際、今回調査したの中でも、年末年始にもかかわらず、他院で施術を受けた患者さんのケアを実施したという、品川近視クリニックのような例もあるくらいです。たとえ年中無休を謳っていても、「診察日」と「手術日」が別個に設定されていて、実質的に緊急対応ができないクリニックが多い中、こうした真の意味で患者本位の体制を布いているクリニックの存在はありがたいですね。
■再矯正
一旦レーシック手術を受けた後でも、焦点距離の調整などに対応してくれるサービスです。基本的に、その患者さんに合せた最適な焦点距離で矯正をおこなうものの、こうしたサービスがあると「いつでもやりなおせる」という安心感もあり、手術にも踏み切りやすくなりますね。
■無料託児所
小さなお子さんがいても安心して治療が受けられるよう、その間提携の託児所を無料で利用できるサービスです。
■提携ホテルの紹介
遠方からの患者さんに対し、クリニック近くの提携ホテルを紹介してくれるサービスです。

>レーシックで後悔しないためのクリニック選び虎の巻~名古屋編

このページの先頭へ